会社概要 FPD Technology Applied Technology IR情報 採用案内 お問い合わせ

トップ > 会社情報 > 環境活動

Eco Activities

会社概要
経営理念
事業所
沿革
クラモトグループ
環境活動
 
1.環境方針
  一人ひとりが地球の一員であることを自覚し、地球環境と調和したモノづくりを永続的に実践します。
1. 
環境法規制、その他の要求事項を順守するとともに、自主基準を定め管理の向上を図ります。
2. 
環境影響を捉え環境目的・目標、環境活動計画を定め、全社員が一丸となって環境活動の継続的向上を推進します。
・省資源、省エネルギー、有害物汚染防止に取り組みます。
・リサイクル、リユースに努め、廃棄物および排水を含む排出物の削減に取り組みます。
・生産品質の向上ならびに生産効率の向上に取り組み、環境への負荷低減に努めます。
3. 
環境方針を当社で働く全ての人へ周知します。
4. 
環境方針、環境管理の実施状況を公開します。
2.環境管理の実施状況
(本社・若柳工場 2014年)
項目 主な内容 2014年実績(対前年比)
@水資源 水資源の保護に向け、水使用量を2015年まで2010年基準に対し原単位比5%削減する 0.337t/u
ACO2 削減 地球温暖化の防止、資源の保護、酸性雨の防止に向けて、2015年までに2010年度原油換算基準で原単位比5%以上の削減を行う 2.84kgCO2 /u
B排出物削減 環境汚染防止、資源保護に向けて2015年までに廃棄物のゼロエミッションを達成する 0.12kg/u
C環境汚染物質 新規薬品、新規設備導入時における環境アセスメントの実施 事前環境アセスメントの実施
D法規制順守 環境関連法案を順守し、可能な限り自主基準を設け向上させる 法登録リストに基づき展開
E製品の環境管理物質 製品の有害物質混入防止を継続して推進する 環境調査対応
F緊急事態リスク低減 緊急事態リスク低減インフラ改善を2015年までに完成させる 緊急事態対応訓練実施
3.トピックス
・2006年4月 製品の環境管理物質管理の社内システム(RoHS規制対応)を制定し運用開始
・2006年6月 全社環境管理の運用準備開始
・2006年7月 RoHS規制施行(当社の製品において規制物質なし)
・2006年8月 全社環境マネジメントマニュアルを発行(倉元製作所の全社運用開始)
・2006年9月 本社・若柳工場のISO14001サーベイランス
・2007年6月 本社・若柳工場のISO14001更新監査
・2007年6月 花泉工場が岩手県環境保全連絡協議会会長賞を受賞
・2007年6月 REACH規制施行
・2008年2月 花泉工場が東北七県電力活用推進委員会において「エネルギー管理優良工場」を受賞
・2008年9月 栗原エコフォーラムへの加入
・2008年10月 本社・若柳工場ISO14001サーベイランス
・2009年9月 本社・若柳工場ISO14001サーベイランス
・2010年6月 本社・若柳工場ISO14001更新審査
・2011年11月 本社・若柳工場ISO14001サーベイランス
・2012年11月 本社・若柳工場ISO14001サーベイランス
・2013年6月 本社・若柳工場ISO14001更新審査
・2014年11月 本社・若柳工場ISO14001サーベイランス

 

フッター
KURAMOTO Absolute-Value(トップへ戻る) トップ サイトマップ クラモトグループ Emglish 株式会社倉元製作所 利用上の注意事項 個人情報保護方針 このページのトップへ